ベジファスを効果的に食べるタイミングはこうすればいい!

 

ベジファスは食事によって体内に吸収される脂肪や糖の吸収を抑えてくれる、水溶性食物繊維がたくさん入ったゼリーです。

ベジファスは、無理な食事制限することなく、いつもの食事前にゼリーを、1本食べるだけです。

ベジファスを続けている人のなかには

  • 間食が減って、自然に体重が減った
  • 食べる量が減った
  • ごはんを食べる量が少なくなったが、空腹感はない
  • 血糖値の上昇がコントロールできるようになった
  • 気が付いたら2週間で1.5キロ痩せた
  • 短期間に飲み会が続いたが、体重が増えなかった
  • 野菜不足が解消され、ニキビもできにくくなった
  • 頑固な便秘が解消された

と、効果を実感している人が多いです。

では、どのようにベジファスを食べたら効果が出やすいのか調べてみました。

ベジファスは「1日1本、一番量が多い食事の前に食べる」だけなのですが、説明書や公式サイトには「食事の何分前に」などのように詳細には書いてありません。

ネットで調べてみると、食事の10分前や5分前、という方が多いように思われます。

ベジファス食べるなら食事の〇〇分前がいい!

「食前」を製薬会社のサイトで調べてみました。

中外製薬のサイトをみてみると、「食前」とは「食事の20〜30分前」とあります。
その理由は「食べ物や胃酸の影響を受けたくない薬や、糖尿病の際に食事で高くなる血糖値を下げるための薬などは、食前に飲むことが多くなります。」

なるほど。

ベジファスも薬ではありませんが、血糖値の上昇を抑えてくれるので、この「食前の時間」には何か関係があるのかもしれません。

 

そこで今度は食品会社のサイトを調べてみました。

 

そうするとカゴメジュースのサイトに合致する答えを見つけました。

カゴメジュースのサイトでは野菜ジュースを食前の何分前に飲めば、一番血糖値の上昇を抑えられるのか実験していました。

実験は、野菜ジュース、野菜を食事の30分前と10分前に摂取した場合の違いを調べています。

出典:https://and.kagome.co.jp/article/blog_story/vege_story/2903/

グラフを読み解くと、

野菜ジュース食事の30分前: 野菜ジュース摂取30分後に血糖値がピーク、その後は緩やかに下降していきます。

野菜サラダ食事の30分前: 食前10分前に、野菜ジュースを食前10分前に飲んだ時と同じレベルノ血糖値の上昇みられ、徐々に上がっていき、血糖値のピークは食後60分でした。そしてその後は緩やかに下降していきます。

ベジファスでも、野菜ジュースでも、食前に摂取で期待できることは、「食事による血糖値の急上昇を抑え、体内へ糖や脂肪の吸収されるのを抑える」ことです。

 

ですからグラフを見る限り、効果が期待できるのは

食事の30分前に野菜ジュースを摂る

ことのようです。

 

野菜ジュースはベジファスより効果的?

 

グラフの結論からいうと、野菜ジュースを食前30分に毎日飲むことが、血糖値の上昇を抑えるのに一番いいように思えます。

でも、現実的にはどうでしょうか?

 

野菜ジュースでもベジファスでも、基本は食事の最初に食物繊維を摂取するのが目的ですから、必要量の食物繊維が摂取できれないいんです。

でも注意点もあります。

 

それはどのくらいの食物繊維が含まれているか、ということです。

ベジファスの人気のひとつに「手軽に1日に必要な食物繊維がとれるから」とりゆうを挙げる方が多くいます。

一般的に日本人は食物繊維の摂取量が不足していて、男女平均して約5g程度の食物繊維が毎日不足しているといわれています。

日本人成人男性に必要な食物繊維量:1日あたり:20g

日本人成人女性に必要な食物繊維量:1日あたり:18g

ここで、ベジファスと大手メーカーのジュースに含まれる食物繊維含有量を比較してみたいと思います。

伊藤園 1日分の野菜(200ml): 食物繊維 1.0-2.6g  75kcal

伊藤園 栄養強化型1日分の野菜(200ml):食物繊維 7-10g  96kcal
*コンビニ限定販売

カゴメ 野菜生活100(200ml):食物繊維 0.3-1.2g 64kcal

この3つのなかでも、「伊藤園の栄養強化型1日分の野菜」には原材料に「水溶性食物繊維」が記載されていますが、何グラムかは明記されていません。

野菜ジュースのみでベジタルファーストを行おうとした場合、やはり不都合も生じてくるかもしれません。
まず、毎日、毎日、野菜ジュースを飲み続けること。

野菜ジュースで1日5g不足している食物繊維を補うためには、毎日2本飲むこと。

飲み会の前や外食の際に野菜ジュースを飲まなければならないこと。

しかも、「食前30分前」に野菜ジュースを飲まなければならないこと。

どうでしょうか?

結構難しくはありませんか?

 

ベジファスなら食前30分前も簡単に食物繊維を摂取できます

 

ベジファスは水溶性食物繊維が1本に5g入っていますので、封を切って、ペロリと食べることで簡単に「食前30分前」の壁を取り除けます。

私も、飲み会に行く前に歩きながらパクっと食べたりしています。笑
ベジファス2-3本をバックにいつも入れておくと、ダイエット中や、急なお誘いでもでも慌てず、食べ過ぎ対策ができます。

 

ベジファスは腸内環境を整えてくれる「やせ菌」とも呼ばれる水溶性食物繊維を5gも含み、市販の野菜ジュースよりも格段にその含有量は多いんです。

 

このベジファスを食事の30分前に食べれば、野菜ジュースよりより効果を期待できると思いませんか?

しかもベジファスは個別包装されていて持ち運びやすいですし、切るのもハサミいらず。食べ終わった後もコンパクトにたためば、捨てまで邪魔にもなりません。

ダイエットで大切なのは、いつでも、どこでも継続してできるこ。これがダイエットを成功さえる秘訣ですよね。

ベジファスはとても手軽に1日の食物繊維不足を解決してくれるダイエットセリーといえますね。

 

⇒⇒食前30分前にゼリー1本食べるだけ!【ベジファス】で痩せやすい体に詳しくは公式サイトから

このページの先頭へ